岩盤浴でダイエットできる理由

 

多くの女性が岩盤浴に期待することの一つに「ダイエット」があるでしょう。

 

 

多くのダイエット法が苦しい運動を必要とするのに対し、岩盤浴はただ「寝ている」だけです。

 

そう、本当にただ横になるだけでよいのです。

 

 

漠然とダイエットにいいらしい、とは聞くものの、一体どれだけの効果があるのでしょう。

 

またそういわれる理由は何でしょう。

 

 

通常のダイエットは食事事制限をしたり運動などで汗をかく必要があったりと苦労しますが、
それでは挫折やリバウンドの繰り返しになることが多くあります。

 

 

では汗をかけば痩せるのでしょうか?

 

 

もちろんそうだともいえますが、岩盤浴では汗をかくだけで痩せるのではなく、その他の効果も働いているため痩せるのです。

 

 

岩盤浴では体が温まり代謝が活発になります。
代謝が活発になると自律神経やホルモンバランスも働きを増します。

 

 

さらに代謝がよくなると脂肪も燃焼しやすくなり、痩せやすい体を作ることになるのです。

 

 

要するに、こういった良循環をつくること、太りやすい悪循環の体質を改善することが、岩盤浴はダイエットに効果的だといわれる理由なのです。

スポンサーリンク

岩盤浴汗をかけば痩せるの?

 

では岩盤浴で大量の汗をかけば、その分痩せるのでしょうか?

 

 

もちろん汗は水分ですので、体から出た分はその分痩せます。
というより減ります。

 

 

サウナなどで大量に汗をかくと、やはり一時的に水分が減少しますが、決して「痩せた」ことにはなりません。

 

 

というのも岩盤浴後やサウナのあとは結局水分補給をしますし、一時「減った」としても水分は戻るわけです。

 

 

そして何より岩盤浴でダイエットをしようという人が目標とするべきは、「代謝をよくする」ことです。

 

 

前述した通り、代謝がよくなれば脂肪の燃焼も早まりますので、
それがダイエットに効果的といわれる所以(ゆえん)なのです。

 

 

岩盤浴で大量の汗をかくことが直接のダイエットにつながるわけではない、という認識を持たなければなりません。
悪い汗を大量にかいても意味はなく、質のいい汗を健康的にかくことが重要なのです。

 

岩盤浴の消費カロリー

 

たくさんの汗をかくことのできる岩盤浴ですが、一体どれだけの消費カロリーがあるのでしょうか。

 

 

一般的にはコップ1杯=約200ccの汗をかくと約100〜120キロカロリーのエネルギーを消費するといわれています。

 

 

これは半身浴を20分行った場合の消費カロリーと同じくらいですが、
岩盤浴では約1時間入浴することになりますので、約300キロカロリー以上の消費が認められます。

 

 

しかし汗をかいたらかいた分だけエネルギーが消費されるからといってムリは禁物です。

 

汗をかいた分だけの水分は補給しなければなりません。

 

 

 

また大量の汗を出すという点ではサウナも同様の効果が得られるのでは、と思いがちですが、
ダイエットの効果に関してはその点サウナでは不十分なのです。

 

というのも、岩盤浴で期待される調節機能や代謝機能の面からいえば、サウナは効果的とはいえないのです。

 

 

つまり、体温調節としての汗だけではダイエットとは直結しませんので、身体機能全ての代謝によって起こる消費カロリーが重要となるのです。

 

食べながらダイエット

 

岩盤浴でダイエットを目指す人は、過剰な食事制限も必要ありません。
かといって暴飲暴食はいけませんが、ある程度のバランスのとれた普通の食事を摂っていても全く問題はないのです。

 

 

もちろんダイエットをする人は食事に気を遣っていると思いますが、
極端な食事制限をすると代謝に必要なエネルギーも摂取されなくなり、逆に脂肪の燃焼ができなくなります。

 

 

代謝ができないということはその機能も衰えることですので痩せにくい体質になり、食べないことが太らないことというわけではありません。

 

 

「太らないために食べない」のではなく、「食べても燃焼させるからだをつくる」ことが大事なのです。

 

 

その代謝に必要なエネルギーを食生活で摂取し、岩盤浴で体をつくる。
これが効果的にダイエットを促す方法でしょう。

 

 

食べながらというのは「寝ながら食べる」わけではありませんのでご注意を・・

 

燃焼系ダイエット

 

岩盤浴で代謝がよくなるということは「燃焼力」もアップさせてくれます。

 

 

つまり、体内で最も燃焼しにくい「脂肪」。
これを燃えやすいものにすれば、ダイエットにも効果絶大です。

 

 

いくら代謝力が高まったとしても、脂肪が燃焼しない場合は痩せることがありません。

 

 

前にも説明した通り、体内に入った有害金属(水銀やカドミウム)は脂肪と結びつきやすいため体内に溜まりやすく、
いくら食事制限をしても痩せることはできません。

 

 

しかし岩盤浴では汗を出すことで有害金属を外に排出することができます。
体内には燃えやすい脂肪が残り、代謝の高まった体はその脂肪を燃やしてくれるのです。

 

 

そういった意味で岩盤浴は、無理なく「代謝力」と「燃焼力」を上げることができる最も適した「燃焼系ダイエット」といえるのです。

 

排出系ダイエット

 

ダイエットのもう一つのパターンとして「排出系」があります。

 

 

よく便秘がちな人は痩せにくいといわれ、腸内にたまった「宿便」を取り除くだけで痩せる体質になるともいわれています。
要するに「溜める」ことはダイエットの大敵なのです。

 

 

そこで岩盤浴では有害金属を排出するデトックスの効果も持ち合わせていることを考えると、「排出系ダイエット」法だともいえます。

 

 

皮脂腺からは燃えない脂肪と共に有害金属が「排出」され、
さらには腎臓の機能もよくすることから老廃物の「排出」も助けている。

 

 

これがダイエットに効かないわけがありませんね。

スポンサーリンク

関連ページ

岩盤浴のデトックス効果について
岩盤浴のデトックス効果ってすごいことを実感。いったいどんなデトックス効果があるのでしょうか。