岩盤浴の効果!免疫力を高めるしくみって?

 

岩盤浴での温熱効果には代謝を高めるだけではなく、免疫力を高める働きもあります。

 

 

免疫力が低いと様々な病気にかかりやすかったり、病気にかかっても回復しにくかったりします。
免疫細胞は病原体と戦う役目が主ですが、岩盤浴によってどのようにその働きを活性化させているのでしょう?

 

 

免疫細胞には多くの種類がありますが、その中でもNK細胞=ナチュラルキラー細胞と呼ばれるものがあります。

 

 

主に体の中を巡回して、ウィルスやガンなどの異物が浸入すれば排除しようとする優れものです。
名前も格好いいですね。

 

 

そこでこういった病気を予防する力をもつNK細胞などの働きが、「免疫力が高いか、低いか」の指針になるわけです。

 

 

岩盤浴をした後でそのNK細胞の活性がどれだけ盛んになっているかの実験では、活性率はいづれの被験者も高くなっています。

 

 

その10日後に測定した人の中にはむしろ岩盤浴前よりNK細胞が活性化しているのが認められ、長く効果が持続しているのです。

 

 

岩盤浴の遠赤外線による温熱効果が作用していることは確かですが、
マイナスイオンとの組み合わせでより力を発揮するのかもしれません。

 

 

免疫細胞は主に骨髄で作られますが、岩盤浴をすることによってそれこそ「骨の髄」まで温まり、その動きを活発にさせているのでしょう。

スポンサーリンク

岩盤浴は花粉症に効く?

 

岩盤浴にはデトックス効果、ダイエット効果以外にも多くの効能があるといわれています。
これまでの流れから、体質改善につながることはわかりますので多くの改善が期待される病気があります。
中でも現在注目されているのは「花粉症」に対する効果です。

 

 

花粉症に効くとは意外かもしれませんが、これには免疫力の問題があります。
花粉が体内に取り込まれるとそれを排除しようとする作用が過剰に働き、それがくしゃみや鼻水となって表れるのが花粉症です。免疫機能が働きすぎているわけですね。

 

 

そこで岩盤浴では発汗によって代謝を高めることで免疫力を高めることにもつながるわけです。

 

 

花粉症と岩盤浴に関する詳しい調査やデータはまだでていませんが、免疫力が高まるということは自然治癒力も増すので、花粉症への効果が多いに期待されるところです。

岩盤浴でアトピー体質改善

 

免疫力が高まるということは様々な体質改善もつながります。
特にアトピー性皮膚炎に関しては、その効果が認められています。

 

 

通常アトピーは汗をかいたり皮膚が刺激を受けたりするとかゆみやかぶれを生じ、症状が悪化することがあります。

 

 

しかし岩盤浴でかくサラサラ汗にはそのような刺激のある物質は含まれておらず、
むしろアトピーによる乾燥肌を保湿してくれる役割を持ちます。

 

また、岩盤浴では皮脂線からもいい皮脂が分泌されるため、新陳代謝もよくなりアトピー改善にはとても有効であるといえます。

 

 

しかしアトピーの人が岩盤浴を行う際注意しなければならないのは、衛生面です。

 

 

汗のニオイが臭かったり、カビ臭いなど不衛生な施設での岩盤浴は逆に感染症を引き起こす可能性もありますので、十分注意が必要です。

 

 

また岩盤浴によってアトピー体質の人の中でも逆にひどくなったりする例がありますので、
皮膚科の先生と相談しながら上手に利用できれば、改善の一つの手助けとなるかもしれません。

 

岩盤浴のリラクゼーション効果

 

人間の自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類がありますが、
この2つがバランスよく働くという状態はなかなかないものです。

 

 

つまり、気力とエネルギーに満ちているのに心はリラックスしているという「リラクゼーション」状態です。
実は岩盤浴はその状態を作りだすのに最も適したものなのです。

 

 

岩盤浴では汗をかきます。汗をかくという機能を調節しているのは「交感神経」です。
大量の汗をかくということは交感神経が優位に立っている状態になります。

 

 

しかし岩盤浴では、副交感神経もしっかり働きをみせているのです。
主にマイナスイオンの効果によってリラックスを得られ、汗をかきながらも爽快な安らぎを感じることができます。

 

岩盤浴は多汗症に効く

 

汗に関する悩みを持つ人は多く、中でも「多汗症」の人は深刻なようです。
緊張すると異常なほど汗をかいてしまう、手のひらだけが常に汗でベタついてしまう、ちょっと動くとすぐ汗だくになる・・・などの悩みはどうしたら改善できるのでしょう?

 

これもまた岩盤浴によって改善が見られた、という例があります。
岩盤浴では多くの汗をかくのに、なぜ逆に多汗症が治るのでしょう?

 

 

それは岩盤浴での汗のかき方に秘密があります。
岩盤浴ではまんべんなく全身に温熱効果が得られるため、顔・手足・お腹・背中・足の裏までも、汗腺という汗腺が全て均等に働きます。
よって部分的にかく汗が減り、「全身で」汗がかけるようになるのです。

 

 

また多汗症の人は精神的な緊張が原因であることもあります。
岩盤浴ではその緊張をほぐすリラクゼーション効果がありますので、続けることでますます精神の安定を保つことができるでしょう。

 

岩盤浴による部分汗の改善

 

多汗症と同じ症状として「部分汗」があります。
更年期の女性や出産後の女性は上半身がやたらとほてり、上半身だけが汗だくになるという症状がみられることがあります。
下半身は冷えているのに、です。

 

 

これはホルモンバランスが大きく影響しているせいだといえます。

 

 

汗は男性ホルモンによって発汗が促されているので、逆に女性ホルモンが分泌されると多汗は抑えられます。
出産によって女性ホルモンが減少すると男性ホルモンだけが働き、そのため部分的に汗をかくのです。

 

 

岩盤浴によって女性ホルモンの分泌を活性させると、両方のホルモンバランスがうまく均衡を保ちますので、部分汗にも改善がみられます。

 

 

岩盤浴は痛みを取り除く?

 

岩盤浴で温まると腰痛などの痛みが取れてくることがあります。

 

 

これは岩盤浴の温熱作用で、痛むところの血行がよくなり、また温熱刺激によって脳から痛みの感覚を麻痺させる物質を分泌する作用があるからといわれています。

 

 

また腰痛のような内部の痛みだけではなく、ケガによる外傷の痛みについても
岩盤浴の温熱刺激が効果を発揮していることが最近の研究で明らかにされています。

 

 

それは熱に反応するタンパク質が温熱効果によって多く作り出され、それが傷ついた細胞を修復するというものです。

 

 

しかし中には、岩盤浴後に持病の胆石が痛み出した、という例もあります。

 

 

これは岩盤の石が赤外線によって分子を動かし、さらにそのエネルギーが胆石を動かしたことによって痛みが生じたとも考えられます。
石が石を動かしたとしたら、これは本当にすごいパワーですね。

 

 

また、こういった「痛み」を持つ人が岩盤浴をする場合は時期に注意が必要です。
傷が出来たばかりだったり、炎症のひどい時期だったりする場合は逆効果となりますので注意しなければなりません。

 

 

岩盤浴は若返り効果あり?

 

岩盤浴によって新陳代謝が活発になるということは?
またサラサラ汗によって天然の化粧水を浴び、肌がすべすべになるということは?

 

 

そう「若返り」ができるといっても過言ではありません。

 

 

今話題の「アンチエイジング=加齢防止」の一つの方法としても岩盤浴は注目度が高いのです。

 

 

岩盤浴の温熱効果と発汗作用がいくつもの効果を及ぼしていることは述べましたが、
中でも体が温まることでリラックスできるということはアンチエイジングの大きなポイントです。

 

 

ストレスがたまるとお肌にも悪影響ですし、老けてみられがちです。

 

そのため岩盤浴のリラックス効果と天然の化粧水をもってすれば、若返りも夢ではありません。

 

 

いつまでも若くありたいという女性にだけではなく、この発汗健康法による自然治癒力にも注目すると、高齢者の「アンチエイジング」も望めるのではないでしょうか。

 

岩盤浴で血液サラサラに

 

最近では「ドロドロ血」の人が増えていると言われています。

 

 

血液の中の赤血球が一つ一つの球体になっておらず、連鎖し血液の流れが非常に悪いことをいいます。
全ての血液は心臓に集まりますので、そのドロドロ血はやがて動脈硬化や心不全、心筋梗塞の可能性を秘めています。

 

 

そこでそのドロドロ血を「サラサラ血」にする効果があるのも岩盤浴です。

 

 

実際岩盤浴前と岩盤浴後の血液の状態を調べると、それまで歪(ゆが)んでいだ赤血球の形が徐々に丸みを帯び、
岩盤浴を定期的に繰り返すことで健康で正常な赤血球に戻っているのがわかります。

 

 

これはやはり遠赤外線とマイナスイオンの効果で新陳代謝が活発になったことの現れです。

 

 

特にマイナスイオンはリラックス効果がありますので、それがまた血液をサラサラに浄化してくれます。

 

 

 

ドロドロ血の原因はストレスとも言われていますので、このリラックス状態を得るには岩盤浴が適しているといえるでしょう。

岩盤浴のホルミシス効果とは

 

岩盤浴には「ホルミシス効果」があります。

 

 

といっても「ホルミシス効果」とは聞き慣れないことばですよね。
実は微量の放射線によって体に良い影響を与えることをいいます。

 

 

放射線が良い影響を与えるとは驚きですね。

 

 

もちろん大量の放射線を浴びれば危険であることはいうまでもありませんが、
岩盤浴の発祥の地として知られる玉川温泉は放射能泉としてよく知られ、日本にはその他にも多くの放射能泉があります。

 

 

玉川温泉の岩盤浴ではその放射線を浴びることができ、ガンに効くとされ多くの通年多くの人で賑わっています。
医療の現場では微量の放射線でガン化した細胞を焼き殺すという治療にも使われています。

 

 

岩盤浴に使われる石の中でも玉川温泉のラジウム鉱石の他、バドガシュタイン鉱石などが放射線ホルミシス効果を得られるとされています。

 

岩盤浴はガン予防になる?

 

岩盤浴にはガンをも予防する効果があるとされています。
玉川温泉の岩盤浴などはガンが予防できるとしてよく知られていますが、理由は次の通りです。

 

 

一つ目に、免疫細胞であるNK細胞が活性化することで、ガン化した細胞を素早く見つけ発症するのを防いでくれるからです。

 

 

健康な人でもガン細胞は1日3000個〜6000個できるといわれていますので、NK細胞の役割は相当大きなものです。
岩盤浴によって免疫力をつける意味はここにもあるわけですね。

 

 

二つ目に、ガン細胞は熱に弱く、42〜43度以上の熱で死滅します。
岩盤浴は通常40度以上の熱で長く温熱効果を保ちますので、ガン細胞の発生を抑える効果があるとされるのです。

 

 

 

また、天然石に含まれる放射線による「放射線ホルミシス効果」も忘れてはいけません。

 

 

岩盤浴にはもしかすると、その他にも底知れない可能性があるのかもしれませんね。

 

岩盤浴は冷え性に効く

 

また女性に多い悩みとして「低体温」や「冷え性」がありますが、岩盤浴はこれにも効くとされています。

 

 

単純にお風呂や温泉に入れば温まるのと同じ原理ですが、さらに岩盤浴の遠赤外線は、長時間体温を高めに保つことができます。

 

 

ホルモンや免疫に関係する器官は温度が高い状態の方が働きやすいので、冷えなどの解消にもつながります。

 

 

さらに、低体温の人は代謝機能も悪いため冷えの悪循環を繰り返していますが、岩盤浴を続けることでその機能が高まり体温も安定してくるのです。

 

岩盤浴と不妊治療

 

なんと岩盤浴をするようになってから子宝が授かったという例もあります。
しかし岩盤浴の温熱効果を考えると、不妊症の改善の可能性も物理的には十分考えられることなのです。

 

 

まず岩盤浴によって体が温まるということは、同時に生殖機能である卵巣や子宮の温度も高くなります。

 

 

体温バランスセンサーである脳の中枢とホルモバランスを司る中枢も非常に働きやすくなり、生理不順などの改善が見込めます。。

 

そうすると・・血行のよくなった卵巣や子宮からは定期的な排卵が促され、不妊改善に大いに期待がもてるのです。

 

 

さらに遠赤外線は小刻みな振動で分子を動かす作用を持っていますので、卵子の通り道である卵管を広げているとも考えられます。

 

 

そして何より、岩盤浴によるリラクゼーション効果は大きいものでしょう。
旅行先や新居に移ったときなどは、妊娠しやすいという話もあります。

 

 

何より心身共にリラックスすることで精神状態を落ち着け、リフレッシュした状態に保てば岩盤浴の効果も増すことでしょう。

 

 

岩盤浴は化粧品いらず?

 

女性は一生涯でいくらのお金を化粧品にかけるでしょう?想像もつきませんね。
化粧水、乳液、保湿クリーム、美容液、オイル、パック・・これでも一揃えとはいえないですよね。

 

 

岩盤浴をする女性はやはり美容に気を遣っている人がほとんどで、化粧品にもこだわっている人が多いでしょう。

 

しかし岩盤浴を続けたことで、これまで一通り必要だった化粧品も必要なくなった、という声が聞かれます。

 

 

その理由の一つに、いうまでもなく岩盤浴でかくサラサラ汗の効果があります。

 

 

 

サラサラ汗は天然の化粧水の役割を果たし、また皮脂腺からは乳液代わりとなる必要な皮脂が分泌されます。
合成物質を使わない自然素材の化粧品が人気ですが、これに敵(かな)う自然の化粧品はないでしょう。

 

 

しかし岩盤浴をした日はこの天然化粧水が利用できますが、していない日は?

 

 

ご安心下さい。

 

岩盤浴を定期的に続けることで、顔の脂分はじんわりと自然に出てくるようになり、余計なものはつける必要がないのです。
カサカサお肌を気にしていろんな化粧品を試すより、もっと効果的な方法ですね。

 

 

お肌に必要な水分だけを補い、岩盤浴で脂分を整える。そして岩盤浴後は顔のリンパマッサージ。
美肌は1日にしてならず、ですが美肌の早道はここにあったようです。

 

岩盤浴は加齢臭を防ぐ?

 

最近の流行?でもあるいわゆる「オヤジ臭」。

 

 

本人は気づかなくとも周りが迷惑しているパターンが多すぎます。
しかし岩盤浴でその加齢臭が防げるとなったら、本人より周囲の人が注目することでしょう。

 

 

加齢臭が防げるその理由

岩盤浴は汗と一緒に老廃物を出してくれますので、ニオイの元である有害物質(アンモニアなどの毒素)を排出してくれることが考えられます。

 

 

かく汗はもちろんサラサラですので、汗のニオイも気になりません。

 

続けることでますます効果が期待できます。

 

 

しかし実は逆に、岩盤浴で加齢臭が増した、という人もいます。

 

 

岩盤浴をすることで新陳代謝が増し、細胞が活性化したためそのニオイ成分も活発化した可能性があります。

 

しかしおそらく、ニオイが増した人は初めて岩盤浴をした人だと思われます。

 

 

 

初めての岩盤浴の時はドロドロの汗が出るのと同じで、その時の汗に加齢臭のモトも含まれてしまってるのではないでしょうか?

 

 

加齢臭に関しては個人差もあり必ず防げるというものでもないかもしれませんが、続けてやってみる価値はありそうですね。

 

岩盤浴は肩こりにも効く

 

岩盤浴で血流が良くなるということは・・そう、あの忌(い)まわしい肩こりにも効果が期待できます。

 

 

肩こりが起こるもともとの原因とは、同じ姿勢を続けることで首や肩周りの筋肉が凝り固まって起こるものです。

 

 

その状態にさらにストレスや緊張感が加わると、ますます肩こりがひどくなります。

 

そこで岩盤浴は、温熱によって血流を良くする他にも、
なんといっても疲れた身体を癒し、リラックスするものとして効果的な場なのです。

 

 

岩盤浴場内にヒーリングの音楽やアロマの香りが漂うところもリラックスにはいいかもしれません。

 

 

施設によっては小袋に入った岩盤ボールがあるところもあります。
それを冷えの感じる場所や肩こりのひどいところにあてることで、直接的な温熱効果を得ることもできるでしょう。

岩盤浴ってこんな効果があるの!今日から行きたくなるスゴイ効果記事一覧

 

岩盤浴でのデトックスの本当の意味「デトックス」の一つの方法として注目を浴びている岩盤浴ですが、そもそもデトックスとはどういう意味なのでしょう?よく「毒出し」として汗と一緒に体内に溜まった毒素を排出させる健康法としては皆さん認識はあるようですが・・。本来のデトックスの意味「毒を出す」だけの意味ではなく毒素を体に入れない体内に吸収させない・作らせないもし入ってしまった場合は解毒する体外の排出するといっ...

 
 

岩盤浴でダイエットできる理由多くの女性が岩盤浴に期待することの一つに「ダイエット」があるでしょう。多くのダイエット法が苦しい運動を必要とするのに対し、岩盤浴はただ「寝ている」だけです。そう、本当にただ横になるだけでよいのです。漠然とダイエットにいいらしい、とは聞くものの、一体どれだけの効果があるのでしょう。またそういわれる理由は何でしょう。通常のダイエットは食事事制限をしたり運動などで汗をかく必要...